東急多摩川線 武蔵新田から徒歩3分

婦人科

Gynecology

月経前症候群

月経周期の調整

月経前症候群

月経前症候群とは「月経の3~10日前から始まり、月経とともに減弱あるいは消失するもの」を言います。
月経開始前のホルモン状態の変化が原因です。
下腹部痛、疲労感、腰痛、頭痛、浮腫、嘔気、乳房緊満感、気持ちが落ち込む、イライラするなど、様々な症状が見られますが、3周期以上持続してこれらの症状がみられる場合をPMSと診断します。
不規則な睡眠や生活習慣、疲労などにより悪化するとも言われています。
治療としては、症状に合わせて鎮痛剤、利尿剤、抗うつ剤、漢方薬、低用量ピルなどを使用します。