東急多摩川線 武蔵新田から徒歩3分

小児科一般

Pedicatrics

夜尿症

夜尿症

夜尿症は、「5歳以上のお子さんで、1か月に1回以上の夜尿が3か月以上続くもの」とされています。 小学校入学時には10%を超えるとされており、以降成長とともに自然に治ることが多いものの、大人になっても治らないことも少なからずあります。 また、生活指導を含む治療介入により早く治ることが知られているため、年長さんになっても月に複数回のおねしょがある場合にはご相談いただくことをおすすめします。

夜尿症の治療

まずは行動療法を行います。

・水分の取り方 ・冷え対策 ・便秘の改善 ・排尿訓練 これらは非常に大切で、これだけで良くなるケースもめずらしくありません。 またお薬を飲んでいても継続することが大事です。

行動療法で十分な効果が得られない場合以下の治療を選択します。

薬物療法

就寝中の尿量を減らすために抗利尿ホルモン薬を内服します。 ※昼間の頻尿、おもらしがある場合、膀胱容量を増やす抗コリン薬を併用する場合があります。

アラーム療法

夜尿をするとアラームが鳴り気づかせるという治療です。
夜間の膀胱容量を増やす効果があると言われており、また尿意で起きられない子にも効果があると言われています。

夜尿症治療は一般的にある程度の時間を必要とします。 またお薬で夜尿が減っていても、いきなりやめるとすぐに元に戻ってしまうこともあります。 水分を制限したり、毎日お薬を飲むことは子どもたちにとって大変なことではありますが、時にごほうびを与えたりしながら頑張って続けていきましょう。