東急多摩川線 武蔵新田から徒歩3分

小児科一般

Pedicatrics

スポットビジョンスクリーナーについて

スポットビジョンスクリーナーは弱視の危険因子となる屈折異常(近視、遠視、乱視、不同視)や斜視をスクリーニングするための機器です。
出生時の視力は0.02程度と言われており、その後6歳ころまでに徐々に発達していきます。しかし、屈折異常や斜視などの問題があると視力の発達がうまくいかず、弱視になってしまいます。
弱視の割合は2~3%と言われており、4歳までに治療が開始できると95%は改善が期待できると言われています。
子どもたちは自分で見え方の異常に気付くことができないので、早期発見のためには適切な検査が必要です。検査時間はわずか数秒でもちろん痛みもありません。3歳以降でより高い精度が確認されていますが、生後6か月以降であれば検査は可能です。
ご希望の方は800円(保険適応外)で検査できます。お問い合わせください。